IR情報

HOME > IR情報 > IRポリシー

IRポリシー

基本方針

当社は、株主・投資家の皆様に対し、会社法・金融商品取引法などの関係法令、証券取引所の定める有価証券上場規程などに従って、情報開示を行います。また、関係法令や有価証券上場規程において開示が義務付けられていない情報についても、株主・投資家の皆様に当社の理解を深めていただけるよう、適切な開示に努めます。

開示手段

適時開示規則に該当する情報につきましては、東京証券取引所が提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」へ登録し公開した後、速やかに当社Webサイトに掲載します。適時開示規則に該当しない情報につきましても、Webサイトへの掲載等により広く開示します。

コミュニケーションの充実

説明会の開催や、日々のお問い合わせに対する回答を通じ、株主・投資家の皆様との直接的なコミュニケーションを、積極的に充実させて参ります。

また、株主・投資家の皆様より頂いた要望・評価については、経営幹部による会社経営の参考とすることはもとより、広く社内に情報共有し、サービス・業績の向上にも役立てて参ります。

IR沈黙期間の設定

決算情報の漏洩を防止し、公平性を確保するため、四半期毎の決算期末日翌日から決算発表日までを決算情報に関する対話を控える沈黙期間と定めています。この期間については、決算に関連するご質問等に対するコメントを控えることとします。

ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則と独自の情報開示基準に従い適宜公表することとします。