最新情報

最新情報

2016年5月11日

株式会社ブロードバンドセキュリティ

BBSec、脆弱性情報提供サービスをリニューアル

~不要な情報を省き、お客様のシステムに必要な脆弱性情報のみを早期通知~


株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗)は、2016年5月11日より、脆弱性情報提供サービス(Secure Net Alert Mail Service、略称:SAS)をリニューアルいたします。


ソフトウェア製品やウェブサイトの脆弱性情報は年間1万件規模で報告されており、もはや企業の情報システム担当者が、個々の脆弱性情報が自社システムに影響を及ぼすか否かの判断を超える規模にまで拡大しています。しかしその一方で、これを怠ると、マルウェアが自社システムに忍び込み、甚大な被害を生み出す危険性を自ら抱えることにつながります。


この矛盾を解決する為には、莫大な脆弱性情報の中から自社システムに影響を及ぼす可能性のある脆弱性情報のみをフィルタリングし、抽出された情報に対し確実に対策を行うことが求められます。


BBSecの脆弱性情報提供サービス(Secure Net Alert Mail Service、略称:SAS)は、このニーズに応えるために開発したサービスです。今回のサービスリニューアルにより、脆弱性情報提供間隔が平均1営業日から最短1時間に短縮され、お客様は自社システムの情報を登録するだけで対応が必要な脆弱性情報を認知することができます。


これにより、情報システムご担当者は脆弱性情報選別の負担から解放され、自社システムを守る為の実作業に注力することができます。


脆弱性情報提供サービス(SAS)は、お客様のニーズにあわせて、下記の2種類のプランをご提供いたします。ベーシックは具体的な対策方法を日本語で把握したいお客様向け、エクスプレスは言語を問わず早めに脆弱性情報を入手したいお客様向けのプランとなります。

 

 

サービスプラン

  ベーシック エクスプレス
特徴 ・日本語による脆弱性情報 ・スピード重視の脆弱性情報(英語または日本語)
配信情報 ・JVN*に掲載された日本語レポート 主に脆弱性の概要、想定影響、対策方法、CVSS基本値を案内 ・NVD**に掲載された英語レポート、または、JVNに掲載された日本語レポートから早期に公開されたレポートを優先案内
・主に脆弱性の概要、CVSS基本値を案内
情報提供方法 メール配信(PDFレポート添付)
配信間隔 1時間毎
提供価格 初期費用:15万円~  ※登録システム数により変動
月額利用:15万円~
※登録システム数により変動
※エクスプレスと併用で月額+2万円
月額利用:15万円~
※登録システム数により変動
※ベーシックと併用で月額+2万円
オプション ・セキュリティ・アドバイザリサービス
脆弱性情報に対する対応方法をアドバイスいたします。
・デイリー脆弱性診断サービスとの連携(準備中)
システム脆弱性診断結果に応じた脆弱性情報を案内いたします。診断対象システムに存在する脆弱性情報と対策方法を的確に確認することができます。

※記載の金額は税抜金額です。
* Japan Vulnerability Notesの略。IPAとJPCERT/CCが共同運営する脆弱性情報データベース
** National Vulnerability Databaseの略。米国国立標準技術研究所が運営する脆弱性情報データベース

 

*文中の会社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。







BBSec について
株式会社ブロードバンドセキュリティは、ITセキュリティの診断・運用・保守・デジタルフォレンジックを手掛けるトータルセキュリティ・サービスプロバイダーです。「日本のITネットワークを世界一堅牢にする」をコンセプトに、2000年11月の設立以来、高い技術力と豊富な経験、幅広い情報収集力を生かし、大手企業、通信事業者からITベンチャーに至るまで、様々な企業のITサービスをセキュリティ面でサポートしています。
株式会社ブロードバンドセキュリティURL:https://www.bbsec.co.jp/


本リリースに関するお問合せ(報道機関からのお問い合わせ)
株式会社ブロードバンドセキュリティ
担当部署:経営企画室 高田
TEL:03-5338-7430 E-mail:press@bbsec.co.jp

商品・サービスに関するお問い合わせ
株式会社ブロードバンドセキュリティ
担当部署:営業本部
TEL:03-5338-7425 E-mail:sales@bbsec.co.jp