最新情報

最新情報

2016年8月1日

株式会社ブロードバンドセキュリティ

BBSec、ASP型外部脆弱性診断サービスの特別キャンペーンを実施

~サービス提供サイトに加え、コーポレートサイトにも脆弱性自動診断を推奨~


株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗)は、ASP型外部脆弱性診断“Cracker Probing-Eyes”のバージョンアップを機に、2016年8月1日よりバージョンアップ特別キャンペーンを展開いたします。


企業に甚大な被害を及ぼす不正侵入の多くは、ネットワークやサーバ、Webアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃であることは、すでに周知の事実となっています。現在、その脆弱性パターンは既に1万数千種類以上発見されており、攻撃の進化に伴いその数は日々増加しています。このような状況に対処していく為には、自社システムの脆弱性を日常的にチェックし、適切に対策を実施していくことが求められます。


BBSecは2009年から、定期的に実施すべき詳細な手動脆弱性診断の間を埋めるセキュリティ対策として自動ツールによる脆弱性診断サービスを提唱し、サービスを提供してまいりました。そしてこのたび、契約継続率90%を誇る弊社ASP型外部脆弱性診断“Cracker Probing-Eyes”が2.0にバージョンアップし検査項目がWebアプリケーションを中心に約1.5倍に増加したのを機に、脆弱性に敏感なECや金融などのサービスサイトだけでなく、問い合わせフォームやCMSを保有するコーポレートサイトにも自動脆弱性診断を広めるべく、キャンペーンを実施することとなりました。



<キャンペーンの内容>



名称:    バージョンアップ特別キャンペーン
対象:    初めて弊社“Cracker Probing-Eyes”をご利用になる企業、組織
限定数: 100社(法人限定)
内容:    初年度利用料を特別割引価格でご提供

サービス種別

初年度年間利用料(税抜)

ベーシックスキャン(コーポレートサイト向け)

30万円→19.5万円(35%引き)

フルスキャン(サービスサイト向け)

60万円→39.0万円(35%引き)


尚、Cracker Probing-Eyesは、インターネット接続サービス安全・安心マーク推進協議会が推奨する診断ツールに指定されており、ご活用いただくことで、同協議会の「インターネット接続サービス安全・安心マーク」の利用許諾を受けることができます。(別途申請が必要です。)


※ サービスの詳細につきましては、こちらをご参照ください。






BBSec について
株式会社ブロードバンドセキュリティは、ITセキュリティの診断・運用・保守・デジタルフォレンジックを手掛けるトータルセキュリティ・サービスプロバイダーです。「日本のITネットワークを世界一堅牢にする」をコンセプトに、2000年11月の設立以来、高い技術力と豊富な経験、幅広い情報収集力を生かし、大手企業、通信事業者からITベンチャーに至るまで、様々な企業のITサービスをセキュリティ面でサポートしています。
株式会社ブロードバンドセキュリティURL:https://www.bbsec.co.jp/

本リリースに関するお問合せ(報道機関からのお問い合わせ)
株式会社ブロードバンドセキュリティ
担当部署:経営企画室 高田
TEL:03-5338-7430 E-mail:press@bbsec.co.jp

商品・サービスに関するお問い合わせ
株式会社ブロードバンドセキュリティ
担当部署:営業本部
TEL:03-5338-7425 E-mail:sales@bbsec.co.jp