最新情報

最新情報

2017年2月17日

株式会社ブロードバンドセキュリティ

BBSec、インターネット分離サービスを5月にスタート

~日本企業のニーズを満たすワンストップサービスをリーズナブルな価格でご提供~


株式会社ブロードバンドセキュリティ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗 以下、BBSec)は、2017年2月17日、インターネット分離サービス「BBSec インターネット分離クラウド」(BISC: BBSec Internet Separation Cloud)の提供を、2017年5月より開始することを発表いたします。


企業のセキュリティ対策が、経営課題の一つとして取り上げられる昨今、マルウェア(悪意あるプログラム)対策としての『インターネット分離』がにわかに脚光を浴びています。業務用システムとインターネットを利用するWeb閲覧やメール送受信を異なる環境に置き、業務システムを悪意あるプログラムから守る『インターネット分離』は、ユーザのセキュリティに対する認識や行動レベルに左右されない組織的なセキュリティ対策として、今後の利用拡大が予測されています。


既に、様々な提供形態による『インターネット分離』が市場に登場していますが、初期導入コストや使い勝手、さらには実運用における情報システム部門の負荷等の課題から、多くの企業が導入の検討を行いながらも、二の足を踏む状況が続いております。そのような中、セキュリティ専業ベンダーである BBSec に対しても、導入可能なインターネット分離サービスに対するご要望が、数多く寄せられておりました。


この度サービスを開始する「BBSec インターネット分離クラウド」は、これら企業の皆様からのご要望に即し、仕様のシンプル化による利用者のコスト軽減と、関連運用サービスとのワンパッケージ化による運用利便性を実現したサービスとなっております。



<特 徴>

BBSecクラウドリソースを利用するRemoteApp方式を採用
当社保有のクラウド環境を、お客様のインターネット接続環境としてお使いいただくことで、企業ユーザが直接インターネットに触れない安全性を提供します。同時に、お客様自らがインターネット分離環境を構築する必要がない為、設計・構築の必要がありません。
※メーラはIMAP4のみでPOP3非対応、またはWebメールをご利用いただきます。


■ リーズナブルな価格を実現
アンチウィルス等国内企業のデファクトスタンダードとなっているセキュリティ対策を標準装備する一方で、対応OSを国内企業ユーザの利用比率が高いWindowsに特化し、仕様を絞り込むことにより、安全性とリーズナブルな価格の共存を実現しました。


■ セキュリティ対策をワンストップサービス化
インターネット分離機能を実運用する上で、必要となる5大要素(抑止・予防・検知・復旧/回復・事後対応)を網羅するワンストップサービスを提供いたします。このサービス網羅性により、導入後の情報システム部門の業務量を、軽減させることが可能です。


■ 最短2週間での短期導入が可能
契約から最短2週間で利用が開始できます。自社の情報を守るための経営判断に迅速に応えられるだけでなく、導入に要する情報システム部門の時間とコストを大幅に削減することができます。


サービスの詳細は、こちらをご参照ください。


BBSecは今後、インターネット分離サービスを含む各種セキュリテイサービスを通じて、確かなセキュリティ環境の実現と企業の競争力向上に貢献してまいります。




BBSec について
株式会社ブロードバンドセキュリティは、ITセキュリティの診断・運用・保守・デジタルフォレンジックを手掛けるトータルセキュリティ・サービスプロバイダーです。「日本のITネットワークを世界一堅牢にする」をコンセプトに、2000年11月の設立以来、高い技術力と豊富な経験、幅広い情報収集力を生かし、大手企業、通信事業者からITベンチャーに至るまで、様々な企業のITサービスをセキュリティ面でサポートしています。
株式会社ブロードバンドセキュリティURL:https://www.bbsec.co.jp/

本リリースに関するお問合せ(報道機関からのお問い合わせ)
株式会社ブロードバンドセキュリティ
担当部署:経営企画室 高田
TEL:03-5338-7430 E-mail:press@bbsec.co.jp

商品・サービスに関するお問い合わせ
株式会社ブロードバンドセキュリティ
担当部署:営業本部
TEL:03-5338-7425 E-mail:sales@bbsec.co.jp