最新情報

最新情報

2018年10月24日

メールやモバイルのセキュリティ、マルウェアなどについて
対策を検討・実施する国内の業界団体「JPAAWG」を創設

-- 迷惑メール対策などを行う国際的なワーキンググループ「M3AAWG」の
日本リージョンとして設立し、国内での連携、対策を強化 --


株式会社ブロードバンドセキュリティ(BBSec、本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗)は、国内の主要インターネットサービスプロバイダー(ISP)や通信事業者、クラウド事業者などと共同で、メールのセキュリティを中心に、インターネットやモバイルのセキュリティ、マルウェア対策などについて、関連事業者間での情報交換や対策検討をすすめる業界団体として「JPAAWG(Japan Anti-Abuse Working Group、ジェイピーアーグ)」を創設したことをお知らせいたします。


日本国内においては、これまで迷惑メールの送信に利用されるポートを遮断するOutbound Port25 Blocking(OP25B)の導入やレピュテーションでのブロック、送信ドメイン認証技術の採用など、さまざまな対策を講じてきたことで、迷惑メール自体の量、割合は減っている一方で、その内容は年々巧妙化、悪質化し、標的型攻撃、フィッシング、ランサムウェア等による金銭被害など、メール、メッセージングを経由した攻撃による被害の深刻化が進み、より一層の対策が必要となっています。また、近年スマートフォンを中心として新しいメッセージングサービスの普及が進み、電子メール以外のサービス、アプリケーションにおける迷惑メッセージ対策も重要性を増しています。


このような状況の中、国内の主なISP やクラウド事業者、メッセージング事業者、ソフトウェア・ハードウェアメーカーなどが共同で、これらの情報交換や対策検討をすすめる業界団体としてJPAAWG を立ち上げることといたしました。
JPAAWG は、メッセージング、マルウェア、モバイルの不正行為対策に取り組んでいる国際的なワーキンググループ「M3AAWG(Messaging, Malware and Mobile Anti-Abuse Working Group)」の日本リージョンとして設立するもので、事業者が主体となり、M3AAWG と連携しながら、より具体的な対策を協議、検討、実施してまいります。


なお、JPAAWG 設立にあたり、第1 回General Meeting を2018 年11 月8 日に開催します。
第18回迷惑メール対策カンファレンスとの併催イベントとして開催するもので、M3AAWG の議長を務めるSeverin Walker 氏や副議長を務めるJanet Jones 氏など、世界の有識者に参加いただき、グローバルで議論されている最新のインターネット脅威情報、セキュリティ対策などについて、紹介、議論してまいります。

JPAAWG 1st General Meeting
/ 第18回迷惑メール対策カンファレンス 概要

日時 2018 年11 月8 日(木) 9:30~18:30
会場 赤坂インターシティコンファレンス the AIR
(〒107-0052 東京都港区赤坂1-8-1)
主催 JPAAWG 設立事務局、一般財団法人日本インターネット協会
(迷惑メール対策カンファレンス)
後援 総務省、警察庁、独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)ほか
(迷惑メール対策カンファレンス)
参加費 無料
詳細・参加申し込み https://meetings.jpaawg.org/

JPAAWG 参加各社では、今後もそれぞれの分野での知見、ノウハウを活かし、日本国内のインターネットセキュリティ環境の向上に向けて対策を議論し、推進してまいります。


本リリースに関するお問合せ(報道機関からのお問い合わせ)
株式会社ブロードバンドセキュリティ
担当部署:経営企画室
TEL:03-5338-7430  お問合せフォーム:https://www.bbsec.co.jp/inquiry/

※本プレスリリース記載の社名、サービス名などは、各社の商標または登録商標です。