最新情報

最新情報

2018年11月21日

クレジットカードセキュリティの認定評価人「QSA」が25名に

-- 2020年東京オリンピック・パラリンピック、そして来るべきキャッシュレス社会に向けた
カード情報保護のニーズに対応 --


株式会社ブロードバンドセキュリティ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:持塚 朗、以下BBSec)は、クレジットカードの国際的なセキュリティ基準であるPCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)について、その準拠性を評価することのできる国際資格「QSA」(Qualified Security Assessor)の認定評価人数が、25名になったことをお知らせします。


キャッシュレス社会の実現に向けて、国を挙げてのセキュリティ強化が推進される中※、国際的なクレジットカードセキュリティ基準であるPCI DSSの取得等を目指す企業が、カード会社や決済代行会社に加え、加盟店等にも広がりを見せております。特に加盟店については、最終的には2020年3月までの対応完了(非保持化またはPCI DSS準拠)を求められており、これに対応するためのQSAが業界全体で不足している状況が続いています。


このような背景の中、弊社は、お客様の旺盛なニーズに柔軟に対応するべく、積極的にQSA資格の取得を進め、この度その人数が25名となりました。さらに「AQSA」(Associate Qualified Security Assessor)が7名、「PCI P2PE(Point-to-Point Encryption)QSA」が2名、また「PCI 3DS Assessor Company」としても認定を受けております。


今後も、安全なクレジット決済を全面的に支援する企業として、積極的に活動を進めてまいります。



※経済産業省発表:クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画2018(「実行計画2018」)を取りまとめました~国際水準のクレジットカード決済環境の整備を進めます~

http://www.meti.go.jp/press/2017/03/20180301005/20180301005.html


本リリースに関するお問合せ(報道機関からのお問い合わせ)
株式会社ブロードバンドセキュリティ
担当部署:経営企画室
TEL:03-5338-7430  お問合せフォーム:https://www.bbsec.co.jp/inquiry/

※本プレスリリース記載の社名、サービス名などは、各社の商標または登録商標です。