ケーススタディ

HOME > レポート > ユーザ事例 > IDCフロンティア様(1)

ユーザ事例:IDCフロンティア様

<ご利用サービス>・セキュアメールサービス ・モダンマルウェア検知サービス


IDCフロンティア様 サービスIaaS型クラウドサービスとデータセンター事業を展開するIDCフロンティア様は、国内トップクラスのITインフラ企業です。事業規模を問わず、お客様のビジネスをITインフラの立場からサポートし、お客様の成長と成功をともに考える同社にとって、セキュリティは最も重要視するポイントのひとつといえます。IDCフロンティア様は、お客様に信頼できるインフラを提供する為、そして自らのネットワークをセキュアに保つ為に、BBSecのセキュリティソリューションをご活用いただいています。

【お話をお伺いした方々】
  ビジネス開発本部 ソリューションアーキテクト部 
  部長   杉本 雅則 様
  ビジネス開発本部 パートナー開発部
  担当課長 三浦 友敬 様

導入の背景  - クラウドシフトに呼応できるセキュリティ対策は、経営上の緊急課題 -

国内有数のデータセンター事業者/IaaSクラウド事業者として年々ビジネスを拡大するIDCフロンティア様は、2009年、Yahoo! JAPANグループとなり、同年にIaaSクラウドサービス事業をスタートしました。


「クラウド事業は今後、当社にとっての主軸ビジネスになることは疑いありません。クラウド事業を開始してから既に5年半ほど経過していますが、競合他社に対し、"日本品質のきめ細やかなクラウドサービス"を差別化要因としてサービスを展開してきました。また、パワフルなクラウドをコンセプトに、約20秒でサーバの立ち上げを実現するなど、お客様にストレスを感じさせないスピードにこだわったサービスを展開しています」と三浦様。データセンター事業で培ってきたITインフラ構築のノウハウは、クラウドシフトというビジネス転換期に、大きな強みとなって活きています。


データセンター事業者として、そしてクラウド事業者として、「セキュリティは最もプライオリティが高いビジネスのパーツ」と杉本様は断言しています。IDCフロンティア様はあらゆるタイプのお客様にITインフラを提供する事業者として、サービス開始当初からセキュリティには最善の注意を払ってきました。しかし、2012年頃から外部からの攻撃が如実に激化。この外部環境の変化に対し、更なる対策が求められるようになりました。これに対し、経営陣からは「社内のセキュリティレベルも再点検するように」との要求があり、当時、社内インフラを預かる杉本様は即座に現状分析を開始し、セキュリティホールになりうる可能性の徹底的な洗い出しと次なる対策の検討を行いました。


「経営トップにとって、セキュリティ対策の強化は、堅牢な経営基盤を築く上での緊急の課題と考えていた様です。言うまでもなく、セキュリティに対する脅威は増していくことはあっても減ることはありません。そう考えたとき、お客様をサポートするインフラ事業者の我々には今までよりも一段上のセキュリティが求められることは必定です。セキュリティのレイヤを上げる - その実現のためには、自社だけで解決しようとするよりも、最新情報を持ち迅速に対応できる信頼できるパートナーと組むほうが早くて確実なのは明らかでした。」(杉本様)


IDCフロンティア様は、これを機に、共に歩むことのできるセキュリティパートナー探しを始められました。