ケーススタディ

ユーザ事例


JSOL変化の中で進化するICTサービスコーディネーターとして確固たる地位を築き上げてきた株式会社JSOL(以下、JSOL)。ビジネス要求をシステム改善へと結びつける頼もしいパートナーとして、その顧客は医薬から農業まで、あらゆる産業に及ぶ。今回はその中で、すべての事業のシステム基盤を支えるプラットフォーム事業部の宮本茂樹氏に、クラウド時代に必要不可欠なセキュリティについて聞いた。

【お話をお伺いした方】
  株式会社JSOL
  プラットフォーム事業本部
  宮本 茂樹 氏

お客様は意外とクラウドメリットを知らない

「当社では、お客様のご要望をまずお聞きし、それに対する最適なソリューションをご提案しています。その中で最近頓(とみ)に感じているのは、お客様が、それを実現するためには多額の費用と労力がかかると思っていることが、クラウドを活用すれば、迅速かつ低価格で実現できることに、お客様ご自身が気づいていないということです。」と語るプラットフォーム事業本部の宮本氏。

「例えば、各種センサーやカメラによる動画で得られたデータをインターネットを介してクラウド上に蓄積して、AI(機械学習、深層学習)や各種コグニティブサービス(画像、音声認識)を組合せ、新たなビジネスを創出することが実現可能なことに気づいていないと考えられることです。」

もちろんお客様もクラウドはよく知っているが、クラウドと自社にとっての効果的な活用方法がつながらないという話だ。お客様にご満足いただけるICTを実現していただくためのJSOLの役割は、「お客様にとってのクラウドメリットを、気づいていただくことから始まる」と宮本氏は語る。

クラウドメリットを追求すれば、インターネットは社内システムの一部になる

つい数年前までオンプレミス環境において当たり前のように設置されていたサーバやデータベースも、インターネット越しにクラウド事業者が提供するサービスを活用することで、資産の保有なく同じことを実現できる。またクラウドには、コグニティブサービスや業務サービス、PaaSなどプラットフォーム上で展開するための高性能なサービスが数多く準備されており、連携するためのAPIも用意されている。これだけの環境が提供されているクラウドは、企業が迅速かつリーズナブルにサービスを展開する上で欠かすことのできないツールであり、今後の利用拡大に疑いの余地はない。

このオンプレミスからクラウドへの移行は、社内システムの概念を変える。従来の社内システムといえば、オフィス内ネットワークとメールやWebなどを利用するインターネットの入口をイメージするが、クラウド時代のオフィスシステムは、このLANの中にインターネットが含まれるかたちになる。つまり、インターネット越しに社内ポータルを閲覧し、インターネット越しにデータの解析をするという具合だ。これにより、本社にいようと支社にいようと出先にいようと、同じ環境で社内サーバにアクセスができる。


<従来型社内システムとクラウド活用社内システム>

JSOL


しかし宮本氏は、「クラウドを活用するためには今まで以上にセキュリティに対する配慮が求められる」という。インターネットの利用は多くのメリットを享受できる一方で、社内の機密情報を外部から守るための対策なくしては、情報漏洩などメリット以上のデメリットが発生するリスクがある。「JSOLとしても、多くのセキュリティソリューションを提供していますが、それだけでは足りません。」と語る。

一言でセキュリティ対策といってもその幅は広い。IDを守ること、外部インターフェースとなるアプリケーションやネットワークの脆弱性を改善すること、社員のセキュリティ意識を向上させることでエンドポイントにおけるリスクを軽減させることなど、多種多様である。これらを独自で対策を検討し実現していくためには、多額の費用と高い専門性と経験をもつスタッフを確保する必要がある。宮本氏は「JSOLのお客様はもちろんのことJSOL自身、すべてに対応していくことは困難です。」という。

そこで、JSOLの考えた施策は、JSOL自身のもつセキュリティ対策とセキュリティの専門事業者のもつセキュリティ対策を組み合わせ、実現可能なセキュリティソリューションをお客様に提供していく手法だ。


<ICTのライフサイクルを支えるJSOLのソリューション>

JSOL


BBSecはすべてのスタッフがセキュリティの専門家

BBSecとパートナリングを結ぶにあたり、様々な事業者とミーティングを重ねた。その中で、BBSecを選んだのには、3つの理由があったと宮本氏は語る。1つ目は、パブリッククラウドに対するセキュリティサービスを早くから提供しており、ノウハウを保有していたこと。2つ目は、お客様に提供するにあたり、コストバランスに優れたサービスを展開していること。そして最後に、技術者だけでなく営業担当でもセキュリティの技術を保有しており、相談事項に対し、プロフェッショナルなレスポンスがもらえること。特に3つ目の理由は、お客様が求める“解”を、最短かつ高レベルで提案してく上で大きなメリットになっているという。

パブリッククラウドのメリットを生かした提案を共に実現していく

「すべてのシステムがクラウド利用に向くとは限りません。中には向かないものがあります。お客様のクラウドメリットを最大化していくには、大規模なシステム全体をクラウドに移行するのではなく、サービス単位の個別システムを検証し、クラウドメリットを出せるもののみクラウドに移行し、後日必要に応じて、それらを結合していくというやり方が最適だと考えています。」と宮本氏は語る。

異なるタイミングでシステムをクラウド化したとしても、同じPaaSを使っていればシステムの整合性は高いため、個別システム単位のクラウド化による全体システム整合性へのリスクは低い。さらに大規模移行と異なり準備の時間をビジネススピードにあわせることができる。宮本氏は、「個別システムといえども、セキュリティも含め丁寧な対応をすることを主眼に考えており、BBSecもこれに協力してくれています。」と続ける。

お客様のニーズを的確に把握しクラウドで実現するJSOLとセキュリティの専門事業者BBSecがタッグをくむことで、めまぐるしく進化するICTソリューションにおいて、共に「今はない、答えを創る。」ことができるだろう。

<会社情報>
会社名: 株式会社JSOL(JSOL Corporation)
URL: https://www.jsol.co.jp/
JSOLは、ICTコンサルティングからシステム構築・運用までの一貫したサービスで、お客様のより幅広いニーズにお応えできるICTサービスコーディネーターです。2009年1月、NTTデータとの業務・資本提携により、社名を株式会社JSOLに変更するとともに、NTTデータグループおよびSMBCグループの一員として、お客様のビジネスに貢献できるICTソリューションの提供に取り組んでいます。

※ 記載の情報は2019年5月現在のものです。
※ 文中の社名、製品名は各社の商標または登録商標です。