トップへ戻る

自己問診型 個人情報に関わる
情報セキュリティアセスメント
INFORMATION SECURITY ASSESSMENT SERVICE FOR PERSONAL INFORMATION

個人情報に関わる情報セキュリティ対応状況の簡易なアセスメントをオンラインで行うことで現状を可視化し、迅速に次の一手を考えることができます

改正個人情報保護法の2022年4月からの全面施行に伴い、個人情報の取扱いルールはより厳しくなり、個人の権利保護が強化されました。その背景には企業からの個人情報漏えいが急増していることが挙げられます。
現在のサイバー攻撃は、あらゆる技術が駆使され複雑化・巧妙化してきています。ひとたび流出してしまうと企業の信用問題に大きな影響を及ぼしてしまう個人情報をどう守っていくかは、すべての企業にとって喫緊の課題と言えるでしょう。
本サービスは、情報セキュリティの観点から個人情報保護対策の現状を把握したいお客様に向けた情報セキュリティリスクアセスメントです。お客様ご自身で自己問診型リスクアセスメントをオンラインで実施いただき、入力結果に基づきセキュリティの専門家であるコンサルタントが、第三者の視点から短期間で評価レポートをまとめ、課題と対策を提示します。
情報セキュリティ対策は、「リスクがどこにあるのか」、「何を優先すべきなのか」を把握した上で、「時期を逸することなく行うこと」がポイントです。

このようなことでお困りではありませんか?

  • 個人情報保護強化の必要性は認識しているが、情報セキュリティの観点で何に取組めばよいのかわからない
  • 短時間で、あまり手間をかけずに個人情報に関する情報セキュリティ対応の現状を把握したい。
  • 急速なテレワークの普及にルールの整備が追い付いていない。個人情報保護対応に漠然とした不安を感じている。

サービス提供プロセス

コンサルティングプロセス

ポイント

厳選した質問によりオンラインで効率的かつ網羅的にアセスメントを実施します。短期間で評価結果、課題と優先順位、具体的な対策案を得ることで、迅速に次の対策フェーズに進むことができます。

個人情報に関わる情報セキュリティアセスメントの評価基準

BBSec-DSS for Privacy Protection

個人情報保護に関する情報セキュリティ要件を取入れた弊社独自のDSS(Data Security Standard)を評価の基準として使用します。

資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせお問い合わせフォームへ

関連サービス