トップへ戻る

インシデント初動対応準備支援 INCIDENT INITIAL RESPONSE

拡大するサイバーセキュリティの脅威に対応するために今すぐにでも準備すべきことを明確にします

サイバー攻撃が悪質化・巧妙化し、被害も深刻化している現在、日頃よりインシデントの発生を想定した準備を行っておくことが企業に求められています。サイバーセキュリティの監視・対策を行う社内組織として注目を集めているのは CSIRT(Computer Security Incident Response Team)ですが、その構築には時間とコストがかかります。将来的にはCSIRT構築を目指すとしても、今すぐ行うべきこと、行えることはたくさんあります。
BBSecは、昨今のサイバー攻撃の動向を踏まえ、情報セキュリティの専門企業として培ってきた経験とノウハウによって開発された方法論に基づき、インシデント発生時に備えて今、最低限準備すべきことを明確にしました。本サービスでは、経験豊富なセキュリティコンサルタントが、お客様の現状を確認し、お客様の実情に合わせた初動対応準備態勢構築のための実践的なアドバイスを行います。

このようなことでお困りではありませんか?

  • 同業他社でインシデントが発生した。社長から自社の対応態勢は大丈夫か問われている。
  • インシデント対応態勢構築の重要性は認識しているが、CSIRTなどの専門組織を立ち上げる体力が今はない
  • とにかく、最低限、今すぐにやらなければいけないことを教えて欲しい。
  • サイバー攻撃に対する漠然とした不安を抱えている。

サービスの特長

ポイント① インシデント発生時に備えて最低限準備すべきことを明確にします

インシデント発生時にお客様が参照しながらアクションがとれる実践的なアウトプット(インシデント初動対応フロー、チェックリスト)をお客様とともに完成させます。現状把握のアセスメントが目的ではありません。

ポイント② 経験に培われた豊富なノウハウポイント

情報セキュリティの専門企業として長年培ってきたインシデント対応態勢構築ノウハウとインシデント発生時のお客様のサポートにより蓄積された知見に基づく高品質なサービスを提供します。

コンサルティングプロセス

コンサルティングプロセス

インシデント初動対応のスコープ:インシデント検知、受付、深刻度判定

サービス内容

インシデント初動対応準備
支援サービス
インシデント初動対応フロー/対応チェックリスト/体制図の作成支援
インシデント初動対応
ワークショップ
(オプション)
作成したインシデント初動対応フロー読み合わせ(机上訓練による確認と関係者周知)
作成したインシデント初動対応フローを用いた対応訓練(ロールプレイングによる実践経験の蓄積)
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせお問い合わせフォームへ

関連サービス

  • 情報セキュリティ・
    アドバイザリ

    企業の情報セキュリティ強化に向けた体制づくりを、社内ルール/情報システム両方の視点から支援しています。

  • インシデント
    対応訓練

    経験豊富なセキュリティコンサルタントが、お客様の現状を確認し、お客様の実情に合わせた初動対応準備態勢構築のための実践的なアドバイスを行います。

  • デジタル
    フォレンジック

    緊急対応支援の一環として、原因追及や訴訟の為のにデジタルデータを証拠保全いたします。