デジタルフォレンジック

HOME > サービス > 緊急対応支援 > デジタルフォレンジック

デジタルフォレンジック

セキュリティサービス

昨今のデジタル社会において、企業は様々な訴訟に対する法的根拠を明確にする上で、デジタルフォレンジックはなくてはならないものとなっています。その領域は、民事・刑事を問わず、自社からの提訴だけではなく、外部からの提訴への対抗措置としても重要です。
BBSecでは、緊急対応サービスの一環として、法的根拠となるデータの抽出、報告書の作等のデジタルフォレンジックに必要となるサービスを提供しています。

デジタルフォレンジックとは

デジタルフォレンジックとは、「訴訟に対する証拠を、情報システム内にあるデジタルデータから抽出すること。」を意味します。


企業としてデジタルフォレンジックが必要になるケースとは
・内部不正の立証
・外部からの悪意ある攻撃によりシステムに何らかの事象が発生した場合の原因追究
・他の企業や個人から提訴された場合の、対抗措置としての法的根拠の準備
デジタルフォレンジックの流れ
インシデント発生時、隠ぺい工作などが行われない様、可能な限り早く現状を保全し、関連するであろう全データを収集します。保全データは、物理的データに加え、Webサイトのアクセス履歴や外部メディアの利用履歴なども含まれます。
その後、収集したデータをもとに、削除や隠ぺいされたデータを復活し、訴訟になるデータを抽出し、それをもとに報告書を作成します。
デジタルフォレンジックは、手順や情報収集不足が命取りになる可能性があり、収集したデータの透明性も含め、専門事業者による対応が必要不可欠です。



緊急対応サービスに関するお問い合せはこちらから