トップへ戻る

セキュリティ運用

HOME > サービス > セキュリティ運用 > Managed Security Service for AWS

Managed Security Service for AWS

セキュリティサービス

クラウドサービスの特性を考慮し、攻撃の検知・対応に加え、インシデントが発生する前の予防も支援

サービスの特長

① 予防

主要なセキュリティベストプラクティスを用いた、設定の堅牢化を絶えず図ることにより、インシデントを予防します。


② 検知

貴社AWS環境における脅威を24時間365日監視し、侵害の予兆・形跡があれば即時報告します。


③ 対応

攻撃と判断された場合、所定のポリシー・フローに沿って、対応します。


サービス提供のロードマップ

監視導入設計(セットアップ)

STEP① セットアップ

貴社AWS環境・業務及び体制にとって最適な監視体制を構築するため、初期導入準備を進めます。

G-SOCとの接続準備

構成などのAWS環境の確認

連絡ポリシー・フローの策定


監視/イベント対応(運用)

STEP② チューニング

アラートをモニタリングし、お客様に最適な監視閾値の分析・検討を行います。
※クリティカルアラートの連絡は、この期間ベストエフォート対応となります。

過検知アラートの抑止

監視対象最小脅威レベルの策定


STEP③ モニタリング

チューニングにより最適化された監視・運用体制を始動します。クリティカルな脅威があった場合、その脅威度などに応じ、しかるべき対応を実施します。

アラートモニタリング

過検知などの判定

攻撃内容・影響の解析

定期レポートティング



Amazon Web Services マネージドセキュリティサービス一覧

マネージドセキュリティサービスの提供メニュー一覧となります。お客様が利用したいサービスを柔軟にご選択頂けます。


サービス 項目
セットアップ 導入前ヒアリング
サービス提供準備
サービス開始前テスト
監視/イベント対応 アラート精査(チューニング)
モニタリング
詳細調査分析
AWS WAF運用監視
お客様向けウェブポータル
月次レポート
月次報告会

ご提供例

AWSネイティブサービスに対するマネージドセキュリティサービスに加えて、マルチベンダーでサービス提供が可能です。
弊社監視システムとお客様のS3バケットを連携し監視を行います。インシデント発生時には有人SOCがお客様へ連絡しサービス内容に応じた対応を実施いたします。


ご提供例

AWSご利用のお客様に対し、GuardDuty、Security Hub、Detectiveといった AWS ネイティブサービスを活用した監視・調査のマネージドセキュリティサービスに加え、Trend Micro Cloud Oneをはじめ、マルチベンダーでUTMやWAFを用いた包括的なマネージドセキュリティサービスの提供実績が多数あります。

Why BBSec?


ポイント① 自社のSOCを保有し、24h365dの監視が可能であること

攻撃は、海外からの攻撃が多数を占めるため、24時間体制での監視をすることが求められます。企業内で24時間体制での監視や攻撃の分析を行うためには、専用要員を雇う必要があり、現実としては困難です。
BBSecでは24時間体制でSOCのセキュリティ専門部隊が対象機器の監視/検知結果の調査・分析/報告をご支援することが可能です。


ポイント② MSSサービスの実績が豊富であること

BBSecでは2009年よりMSS(Managed Security Service)をはじめてから、既に100を超える数の運用実績がございます。
MSSサービスの対象機器/カバー範囲としてはFW/UTM/IPS/WAF/クラウドWAF/DBFW/マルウェア検知/EDRなどのご提供が可能です。
※特定メーカのみ対応という制限はございません。


ポイント③ セキュリティ専門ベンダーであること

セキュリティ専門ベンダーであるため、製品を導入して終わりということではなく、高度になっていくサイバー攻撃の脅威に対して、BBSec側で日々運用していく中で、明らかになったセキュリティ課題に対する提案/支援ができること。
※Webアプリケーションを対象とした脆弱性診断サービスや緊急時におけるフォレンジック調査なども提供可能です。


ポイント④ AWS認定資格者が多数在籍していること

AWS認定資格の取得数が100を超える企業として、「AWS 100 APN Certification Distinction」に認定。既に120名超のAWS資格者が在籍しております。
より専門的な知見からサービス提供を行う体制を構築・維持しております。

セキュリティ運用に関するお問い合せはこちらから