トップへ戻る

セキュリティ運用

HOME > サービス > セキュリティ運用 > SASE-MSS powered by Prisma Access from Palo Alto Networks

SASE-MSS powered by Prisma Access from Palo Alto Networks

ゼロトラストの基盤となるSASE-MSSでインシデント対応までカバー

BBSecの高度で専門的な知識・ノウハウを有するエンジニアが、パロアルトネットワークス社の包括的なクラウド提供型セキュリティプラットフォーム「Prisma® Access」を用いて、24時間365日体制のMSSを提供します。本サービスを使用することで、お客様の運用負担を軽減しながらも、社内/社外を問わず、高い水準でセキュリティレベルを保つことができます。

サービス特徴


クラウド導入時のセキュリティセットアップ
MSSの導入フェーズでは、お客様環境のヒアリングやMSSサービスを利用するための疎通・検知確認を行うなどセキュリティ機能のセットアップを行います。
24時間365日、セキュリティを監視
セキュリティの専門家であるBBSecのG-SOC®チームが24時間365日、絶え間なく監視します。セキュリティイベント発生時には、事前に取り決めた対応方針にもとづき、悪性通信の遮断等の対応を行います。これによりセキュリティ事故等の被害の拡大を防ぎます。
専門家の知見をレポート・月次報告会で共有
さらに、監視・運用の月次レポートやBBSecが蓄積したナレッジを共有することで、お客様の負担を増やすことなく「Prisma® Access」の機能を十分に活用することが可能となります。

SASE-MSS導入の流れ


BBSecはSASEの導入・運用支援のみならず、お客様のビジネスニーズに最適なセキュリティ対策を総合的に支援しています。社会変化に対応する基盤構築コンサルティングから、情報漏えい対策まで幅広いサービスを組み合わせることで、従業員により良い環境を提供するとともに、企業とって安心できるIT環境を実現させます。BBSecはお客様のIT環境やワークスタイルの変化に対する変革をセキュリティ面で支えてまいります。


Prisma® Accessの特徴

パロアルトネットワークス社が提供する「Prisma® Access」は、オンプレミスの次世代ファイアウォール製品に相当する機能を「クラウドサービス」として提供することができるサービスで、ファイアウォール/VPN機器へのトラフィックの集中回避と、テレワーク利用者への均質かつ高品質セキュリティ要件を充足するソリューションとして注目されています。


セキュリティ機能が豊富
次世代FWと同等のセキュリティ機能がクラウドサービスとして利用できる。
場所に依存しないセキュリティレベルの確保
利用ユーザは、本社や支社、自宅などの場所に関係なく、Prisma Accessへの接続が可能なため、同じセキュリティレベルを保持して端末を利用することができる。
第3者機関からの高い評価
Gartnerの2020年マジック クアドラントのネットワーク ファイアウォール部門で9回連続「リーダー」として選出されています。
https://start.paloaltonetworks.jp/2020-gartner-mq-for-firewalls

セキュリティ運用に関するお問い合せはこちらから