脆弱性診断

HOME > サービス > 教育/情報サービス > 標的型攻撃対策サービス

標的型攻撃対策サービス

セキュリティサービス

企業を標的型攻撃から守る最後の砦は社員一人一人の経験値に基づく判断です

メールを媒体とした標的型攻撃が後を絶ちません。セキュリティシステムを通り抜け、社員の手元に届いてしまう正常通信を装った標的型攻撃を完全に排除する方法は、現段階では存在しません。その為、これら攻撃に対する唯一の対策はメールを受け取った専門家ではない一般社員がそのメールにリスクを感じ、添付ファイルの開封やリンクへのクリックを行わないということです。
標的型攻撃メール訓練サービスは、日々送られてくるメールに対し、個々の社員が標的型攻撃のメールであるか否かを判断する力を養い、会社のリスクを軽減させるプログラムです。

サービス特徴

社内の実態を可視化
標的型攻撃メールに対する組織対応力を把握、可視化することができ、現状を踏まえた次の一手を考える上での素材となります。
報告体制も同時に確認
インシデント発生時の迅速な報告体制づくりにも役立ちます。
社員のセキュリティに対する意識づけを後押し
訓練は、標的型攻撃メールへの対応力向上だけでなく、個々の社員のセキュリティに対する意識づけを強化することにつながります。
スキルアップツールとして活用可能
継続して複数回実施することにより、社員のスキルアップの状況も把握できます。
ニーズにあわせカスタマイズ
標準パッケージのスタンダードプランに加え、カスタマイズならびに結果報告会、社員アンケート実施も可能なプレミアムプランもご用意。お客様の企業規模、企業風土、標的型メール対策におけるニーズにあわせ、最適なプランをご提案いたします。

サービスの流れ

BBSecから擬似攻撃メールを配信します。擬似攻撃メールには添付ファイルや誘導用URLリンクをつけ、擬似標的メールを社員の方々が開封したかどうかを確認します。

セキュリティ教育/情報サービスに関するお問い合せはこちらから