脆弱性診断

HOME > サービス > 脆弱性診断 > WEBアプリケーション脆弱性診断

WEBアプリケーション脆弱性診断

脆弱性診断

インターネットを介して外部からWEBアプリケーションの脆弱性を診断します。

悪意ある攻撃を想定した外部からの診断は最新のセキュリティ情報に基づき実施されますので、導入時の脆弱性診断だけでなく、既存システムの脆弱性対策の確認にも活用することができます。

サービス特徴

外部からの動的診断
最新セキュリティ情報に基づき、悪意ある攻撃と同様に、外部から動的に診断いたします。
高い精度
自動ツール診断と手動診断をあわせて実施し精度をさらに向上させています。
問題個所の特定
脆弱性を伴う問題箇所を特定します。これにより、診断後のスピーディーな改善が可能になります。
緊急性の可視化
問題点の特定だけでなく、その問題箇所の緊急度をお知らせします。これにより、開発優先度を判断することができます。

診断方法

WEBサイトを攻撃するハッカーの手法を用いて、外部から動的に脆弱性を診断し、企業が不正アクセスに対し防御すべき点を検出します。

主たる対象アプリケーション

・ショッピングカート  ・予約システム  ・オンラインバンキング  ・ネットトレーディング ・ブログ  ・SNS  ・イーラーニング  ・グループウェア  ・CMS  ・ベンダー提供のAPI  ・WEBサービスを展開するパッケージソフト

脆弱性診断に関するお問い合せはこちらから