トップへ戻る

エンジニア向け教育講座 EC-Council

あらゆるサイバー攻撃の脅威からシステムを守り、不測の事態に迅速・的確に対応する知識とスキルの習得を実現します。実務に活かせる学習コンテンツでエンジニアのスキルアップを支援し、企業が安心して事業運営に取り組めるセキュリティ環境を構築します。

EC-Council(セキュリティエンジニア養成講座)

EC-Council公式トレーニングは、セキュリティ専門知識を証明するために重要な認定トレーニングです。
※本サービスは、グローバルセキュリティエキスパート株式会社が一次代理店として提供するEC-Council公式トレーニングです。

セキュリティ人材不足を解消するEC-Council公式トレーニング認定資格

2020年に約19万人不足すると言われていたセキュリティ人材は、いまだ慢性的な人材不足が続いています。求められる知識と経験の範囲が幅広く、スキル習得に時間を要するセキュリティ人材の育成は非常に難しいため、サイバー脅威が拡大する中、自衛力を持ちたい企業にとって大きな課題となっています。
EC-Council公式トレーニング認定資格は、ベースとなるスキルを持つ人材に対し必要なセキュリティスキルを付加することで、2日~5日という短期間のトレーニングで即戦力人材を育成することを可能にしました。各領域の専門家である講師と、最新情報を反映した高品質なトレーニングプログラムで、すぐに実務で使えるスキルの習得を実現しセキュリティ人材不足の解消に貢献しています。

CND 認定ネットワークディフェンダー

認定ネットワークディフェンダーは、ネットワークエンジニアがセキュリティに関するスキルを身に付けた状態を目指すものです。
ネットワークの知識と技術があるエンジニアがセキュリティの「防御」「検知」「対応」「リスクの予見」のスキルを身に付けることで、インシデント発生時の事態の悪化を最小限にすることができ、ネットワークの構築や再構築時にも潜在的なリスクを排除できます。

Protect : 防御
  • 多層防御
  • 適切に設計、実装、施行されたセキュリティポリシー
  • セキュリティアーキテクチャー
  • 適切な設計
  • 正しいセキュリティコントロールの限界
Detect : 検知
  • トラフィック監視
  • ログ管理
  • ログ監視
  • 異常検知
Respond : 対応
  • インシデントレスポンス
  • フォレンジック調査
  • 事業継続
  • ディザスタリカバリ
Predict : リスクの予見、設計
  • リスクと脆弱性の評価
  • アタックサーフェス分析
  • 脅威インテリジェンス

コースの特長

ネットワークセキュリティエンジニアを
3日間で育成

EC-Council公式トレーニングの優れたトレーニングカリキュラムに加え、サイバーセキュリティ教育カンパニーであるGSXならではの強みがあります。実践的かつ習得効率の高い情報セキュリティ人材を3日間のトレーニングプログラムで育成します。

実践的なスキルを習得する
学習環境を完備
トレーニングにあたって、最先端のラボ環境 (iLabs | アイラボ)をご用意。トレーニングで実践的なスキルを身に付け、すぐに現場で活かすことができます。
  • 実践的な80のラボシナリオ
  • 実際の環境をリアルタイムにシミュレート
  • 最先端の複合ラボで学習目標を明確化

学習領域

業界の専門家によって設計・開発された20のモジュールで包括的に学習できます。IoT、モバイルデバイス、アタックサーフェス分析、脅威インテリジェンス、クラウド(AWS、Azure、Google)セキュリティ、ネットワーク機能仮想化(SDN、NFV)、Docker、Kubernetes、コンテナ―セキュリティなどの最新のテクノロジーに焦点を当てています。

受講概要

受講対象者 情報セキュリティ対策に必要なスキルを習得したいすべてのネットワーク技術者の方
必要条件 【CNDコース参加要件】
  • ネットワークの概念について基礎的な知識を有していること
    (ネットワークエンジニアとして2~3年程度のご経験)
  • Cisco CCDAまたはCCNA、CompTIA Network+またはSecurity+、IPAネットワーク スペシャリストの資格保有者または同等のスキル保有者
【下記のような実務経験があると講座内容がより理解しやすい】
  • ネットワークの監視
  • 各種サーバの構築
  • ネットワーク構築/運用
  • ネットワークトラブルシュート
  • パケット解析
受講期間 3日間 | 9:30~18:30
受講場所 GSXのオンライン受講
受講料 講座 + 試験 | 327,800円(税込)
開催日程 【オンライン】
  • 2023年5月29日(月)〜5月31日(水)※終了しました。
  • 2023年6月28日(水)〜6月30日(金)※終了しました。
  • 2023年8月7日(月)〜8月9日(水)※終了しました。
  • 2023年9月20日(水)〜9月22日(金)※終了しました。
  • 2023年10月18日(水)〜10月20日(金)※終了しました。
  • 2023年12月18日(月)〜12月20日(水)※終了しました。
  • 2024年1月22日(月)〜1月24日(水)※終了しました。

認定試験概要

試験概要 本試験は、EC-Council CND(Certified Network Defender)コースを修了された方が対象になります。
※日本語翻訳版の試験になります。原文(英語)の併記はありません。
試験詳細 問題数 : 100問
合格基準 : 70%以上
試験時間 : 制限時間4時間
出題形式 : 選択式
再試験について : 再試験をご希望の方は、認定トレーニングセンターまでご連絡ください。
受験方法
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせお問い合わせフォームへ

CEH 認定ホワイトハッカー

CEH(Certified Ethical Hacker : 認定ホワイトハッカー)は、EC-Council認定の国際的な情報セキュリティ資格で、ホワイトハッカー資格として世界でも多くのホルダーを誇ります。EC-Council公式トレーニングは中級者~スペシャリスト向けに全部で4種類あり、CEHは上級者向けコースに位置付けられています。
知識・スキル・攻撃手法を組み合わせたホワイトハッキングスキルの習得を目的とし、ホワイトハッカーとして「攻撃者視点」の判断力を習得することで、より効果的な防御に活かすことができます。

コースの特長

ホワイトハッカーのスキルを
5日間で習得

EC-Councilの優れたカリキュラムで、あらゆるセキュリティ脅威の攻撃方法・攻撃ツールの使い方などを学びます。サイバーセキュリティ教育カンパニーであるGSXならではの最新の学習環境で、即戦力の情報セキュリティ人材を5日間のトレーニングプログラムで育成します。

実践的なスキルを習得する
学習環境を完備
トレーニングにあたって、最先端のラボ環境(iLab | アイラボ)をご用意。トレーニングで実践的なスキルを身に付け、すぐに現場で活かすことができます。
  • 講座の40%以上がラボにおける学習
  • 実際の環境をリアルタイムにシミュレート
  • 最先端の複合ラボで学習目標を明確化

受講概要

受講対象者 情報セキュリティの責任者/監査人/専門家、サイト管理者のほか、ネットワーク・インフラの完全性に不安を抱くあらゆるユーザに極めて有益なコースです。
必要条件 以下の内容が理解できれば問題ありません(予習推奨)
  • CCNAレベルのネットワークに関する知識
  • LPIC Level1レベルのLinuxに関する知識
  • 企業で導入されているFirewallなどネットワーク・セキュリティ機器の構成に関する知識
  • 下記ツールの使い方
    • Wiresharkやtcpdump
    • nmap
    • ローカルプロキシ(Burp Suite、Owasp Zed Attack Proxy、Fiddler)
下記の実務経験があると講座内容がより理解しやすい
  • プログラミング(C/Perl/Java/PHP)
  • ネットワーク構築
  • ネットワークトラブルシュート
  • パケット解析
  • ペネトレーションテスト
受講期間 5日間(月曜日から金曜日) | 10:00~18:00
受講場所 GSXのオンライン受講
受講料 547,800円(税込)
  • 受講料金には、5日間の座学および電子テキスト、演習環境iLabsのID(6か月間有効)、認定資格試験(取得後1年以内に受験が必要)バウチャーを含みます。認定資格試験は受講期間とは別に設定されています。
  • ライブ配信形式を受講するにあたり、利用するPCおよびインターネット環境は受講者様側でご用意をお願いいたします。
  • 電子テキストには1年間の閲覧期限があります。
  • 物理テキストが必要な場合は、別途33,000円(税込)となります。(送料込)
開催日程
  • 2023年5月22日(月)〜5月26日(金)※終了しました。
  • 2023年6月12日(月)〜6月16日(金)※終了しました。
  • 2023年7月10日(月)〜7月14日(金)※終了しました。

認定試験概要

試験概要 本試験は、EC-Council CEH (Certified Ethical Hacker)コースを修了された方が対象になります。
※日本語翻訳版の試験になります。原文(英語)の併記はありません。
試験詳細 問題数 : 125問
合格基準 : 70%以上
試験時間 : 制限時間4時間
出題形式 : 選択式
再試験について : 再試験をご希望の方は、認定トレーニングセンターまでご連絡ください。
受験方法
資料請求・お問い合わせ 資料請求・お問い合わせお問い合わせフォームへ