会社概要

HOME > 会社概要 > 会社沿革

会社沿革

2000年

11月

株式会社ブロードバンド・エクスチェンジ (BBX) 設立 (資本金1億円)

2004年

10月

株式会社ブロードバンド・エクスチェンジと株式会社IRIコミュニケーションズが合併
株式会社IRIコミュニケーションズに社名変更

10月

大阪支店設立

2005年

8月

ISP向け「セキュアメールASPサービス (Anti-Abuse Mail Service: AAMS)」を提供開始

2006年

5月

株式会社ブロードバンドセキュリティに社名変更

6月

本社移転 (東京都新宿区)

10月

ソースコード脆弱性検査サービスを提供開始

10月

メールASPサービス「AAMS」ソリューションを大幅拡充

11月

メールASPサービス「AAMS」の設備を日本最大規模に拡張

2007年

1月

「S.Q.A.T.」情報システム品質分析サービスを提供開始

6月

情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証規格「ISO/IEC 27001:2005」の認証を取得

10月

財団法人日本情報処理開発協会の「プライバシーマーク」の認定を取得

2008年

5月

国際的なクレジットカードセキュリティ基準PCI DSSの認証監査機関「QSAC」の認定を取得

2009年

1月

デイリー脆弱性診断サービス「Cracker Guard」を提供開始

2月

セキュリティ事業に特化する為、BEXサービスを事業譲渡

4月

セキュリティオペレーションセンター「G-SOC」サービスを提供開始

4月

クレジットカードセキュリティ基準の「PCI DSS準拠支援サービス」を提供開始

2010年

1月

「Gumblar対策トータルソリューション」を提供開始

7月

統合ログ管理分析サービス「ILMS」を提供開始

2011年

2月

スマートフォン向けセキュリティ診断サービス「S.Q.A.T. for Smartphone」を提供開始

2月

企業向けセキュリティ相談センター開設

3月

「e-Bizクラウドサービス」を提供開始

4月

メールASPサービス「AAMS」がIPv6に対応

5月

メールASPサービス「AAMS」がセキュリティを強化した新Webメールオプションをリリース

9月

メールASPサービス「AAMS」が誤送信対策サービスを提供開始

2012年

2月

トリニティーセキュリティーシステムズからセキュリティ診断事業を譲受

3月

韓国支店設立

4月

業容拡大に伴い大阪支店を移転 (大阪府大阪市)

7月

セキュリティログ監視サービス「Incident Log Monitoring Service」を提供開始

2013年

3月

デジタルフォレンジック事業開始

10月

モダンマルウェア検知サービス「MARS」を提供開始 ~プライベートクラウド環境でのサンドボックスを提供~

2014年

11月

Dovecot社とScality社と協働して最新鋭ステートレスIMAPサーバをサービス稼働

2015年

1月

ビッグデータ解析プラットフォーム"Splunk"を活用したセキュリティ対策支援をスタート

5月

PCI DSS準拠支援サービスのグローバル対応を本格開始

10月

NTTソフトウェアの技術提供を受け、国内初となる、標的型攻撃対策メールホスティングサービスを開始

2016年

2月

SaaS型のソースコード診断サービス「Cracker Probing-Eyes Core」を開始

4月

名古屋支店開設

5月

PCI DSSオンサイト評価サービスを米国、ヨーロッパに拡大

5月

脆弱性情報提供サービスをリニューアル

6月

日立ソリューションズと共同で、「Splunk/Palo Alto連携ソリューション」を提供開始

8月

ASP型外部脆弱性診断「Cracker Probing-Eyes」をバージョンアップ

8月

PCI DSSのP2PE認証監査機関「QSA (P2PE)」の認定を取得